メールでやり取りするデータ、でもセキュリティは大丈夫?

メールで企業内容をやり取り、覗かれる心配はないの?

個人同士でのやり取りだけでなく企業同士のやり取りでも使用されるメールですが、そのメールアドレスはどこから取得してきたのかをきちんと把握しているでしょうか。様々なところでフリーメールアドレスとして取得できるようになってはいますが、そのセキュリティはきちんとしているのかも考えなければなりません。フリーである代わりにメール内容を覗かれていたり、必要な時に限ってサーバーが混み合ってしまい使いものにならない可能性もありえるのです。

メールアドレスを作る時はきちんと規約を読んでから!

有料無料厭わずメールアドレスを取得できるサービスが増えていますが、利用規約をきちんと読んでから取得したほうが良いものです。もしかしたら、メール内容を把握するとか第三者へ本人の許可無く公開するといった内容が書かれていたりする可能性も無いとは言い切れないのです。セキュリティを上げるであればまずはこうした規約を把握する事が大切です。また、規約に問題はなくても後から規約が変更になることもあるので常に目を光らせておくことも大切なのです。

迷惑メールへの対策もきちんとしたい!

迷惑メールは企業や個人を問わず送信されています。送る側も人間ではなく機械でランダムに送信している場合が多いです。こうした迷惑メールへ自身でできる対策としてウイルス対策ソフトを導入したり、メーラーに迷惑メール対策が付いた物を使用するという方法があります。ただし、万全とは言い難く誤検出することもあります。ソフトによっては学習機能が付いている場合があるのでそうした機能を利用するとより精度を上げることが出来ます。

添付ファイルとは電子メールを送る際に添付するファイルの事です。手軽に送ることができる反面、ウイルスなどのリスクもあるので送信元の確認は必須です。