太陽光発電のしくみってどうなってるの?効果は?

そもそも太陽光発電って何?

太陽光発電とは、屋根に取り付けた太陽電池によって太陽の光から電気を作る発電方法です。発電した電気は家庭内で使用することができます。余った場合は、電力会社が買い取ってくれるので、電気代の節約にも効果的です。太陽の光が照っているときはいつでも発電可能となります。また、太陽光発電は環境にも優しいことで注目されています。太陽光発電は二酸化炭素の排出や騒音の心配もないため、非常に環境に優しいクリーンエネルギーです。

太陽光発電の仕組みとは?

太陽の光があればいつでも発電可能な太陽光発電ですが、いったいどんな仕組みになっているのでしょうか。まず最初に、太陽電池が太陽の光を吸収して電気に変換します。次に、発電した電気を、外壁にあるパワーコンディショナーと接続箱に収集して家庭用の電力に変えます。最後に、屋外にある分電盤を通して家庭に電気が入ってきて使用できるようになります。このような仕組みで太陽光発電は行われています。太陽電池を設置するだけで節約につながるなんて嬉しいですよね。

太陽電池を設置を設置するメリットは?

太陽電池を設置を設置することで1番に嬉しいことは、光熱費が大きく減少することです。年間約80パーセントも抑えられることが分かっています。また、オール電化と合わせると、発電した電気をより多くのことに使用でき、かなり節約になります。他のよい点については、家族の省エネに対しての意識が高まるということです。電気の使用状況がわかるカラー電力モニタによって、家族間で目標を設定したりすることができます。その結果、自然と省エネへの関心が高まり節約につながるのです。

今は自宅で電気を発電し、電気代を浮かせるだけでなく、電気の売り手になる時代です。太陽光発電の価格は安いものでは30万円程度のものもあり、手軽なものになっています。